就職率・国家試験対策

TDHは就職率100%

TDHの卒業生は、国家試験に合格し、その就職率は100%。歯科医療の各分野で活躍しています。
TDHでは、授業をはじめ、国家試験対策、特別演習、模擬テストなど、きめ細かい指導によって、学生たちの夢の実現を後押ししています。

国家試験対策

歯科衛生士の国家試験は毎年2月下旬~3月上旬に全国10会場で実施されます。試験問題はすべてマークシート式。基本的に3年間の授業で身につけた知識で答えられるものですが、TDHでは、通常の授業のほか、特別な国家試験対策を行い、100%合格をめざします。

国家試験合格率
  1. 独自の授業や特別演習を実施
    経験と実績を備えた優秀な講師陣により、独自の授業や特別演習を実施。国試攻略のポイントをわかりやすく丁寧に解説します。
  2. 校内模擬試験で実力を確認
    実力を確認し、弱点を補強する為に、過去の国家試験問題を使った校内模擬試験を繰り返し 実施します。
  3. 歯科衛生士模擬試験にチャレンジ
    歯科衛生士模擬試験(全国版)を受験。本番の雰囲気に慣れ、試験に対する自信を養います。
  4. 専任教師による個別指導
    勉強方法を含めた親身な個別指導により、弱点を克服します。

進路指導

本来、歯科医師1名に対し、歯科衛生士は2名以上必要といわれています。しかし現実は、歯科衛生士の圧倒的な不足状態にあります。そのため、TDHには毎年11倍以上の求人数があり、卒業後の就職率は100%。とはいえ、より有利な就職を実現するには、早めに進路を検討し、有効な就職活動を展開する必要があります。 TDHでは、アンケートや面接により学生の希望を詳細に把握し、個々の学生に適した就職が実現できるよう、きめ細かな指導を行っています。また、卒業後の再就職についても、在校生同様の親身な対応を行っています。

就職活動

  1. MRCの就職コーナー
    MRCの就職コーナーで求人票などを自由に閲覧できます。
  2. オリエンテーション
    例年、11倍以上の求人数のなかから、自分に合った就職先を決定するためのポイントを説明します。
    [オリエンテーションの内容]
    ・健康保険などの処遇面
    ・就職までの手順
    ・見学、面接の際の注意
    ・就職先決定の条件 (給与、休暇、職務内容、職場環境など) 
    ・その他

就職先

  1. 歯科医院
  2. 歯科大学附属病院・病院内歯科
  3. 保健所・保健福祉センター
  4. 心身障害者(児)歯科センター
  5. 老人保健施設
  6. 歯科関連企業
  7. 官公庁・企業内の健康管理室
  8. 歯科衛生士養成校
    などがあります。

また、歯科衛生士として現場で5年以上勤務すれば、試験と実務研修を経たうえでケアマネージャー(介護支援専門員)の資格も取得できます。

学校説明会・入試日カレンダー

学校説明会 入試日 休館日

※日程のマウスオーバーでイベント名、
クリックで詳細がご確認いただけます。