カリキュラム

歯科衛生の専門家の育成のカリキュラム

TDH独自のカリキュラムは、患者の価値観、人生観にも関わりながら、口腔の健康を考えます。すなわち、単に歯や口腔のみと関わるのではなく、患者を一人の人間として捉えることのできる歯科衛生の専門家=Dental Hygienistの育成をめざしています。

> カリキュラム詳細はこちら

1年生で学ぶこと

基礎科目
  • 「化学」「生物」では、歯科治療・予防に求められる科学的思考の基礎を学びます。
  • 「健康社会学」「人間関係論」「コミュニケーション能力」(日本語によるコミュニケーション)では、健康支援の基礎および対人コミュニケーションの基礎を学びます。
専門基礎分野
  • 「解剖学」「生化学」「病理学」「栄養学」「衛生・公衆衛生学」「予防歯科学」などの科目で、人体の構造、疾病の成り立ちと回復の仕組み、歯・口腔の健康と予防について学びます。
専門分野
  • 歯科衛生士の現状、専門職制(プロフェッショナリズム)・責任感に関する「歯科衛生士概論」、そして歯科衛生の専門分野として、臨床歯科医学より「歯科予防処置」「歯科保健指導」「歯科診療補助」の第1段階を学びます。
  • 「臨地実習導入」では歯学部病院見学実習により学内での講義を理解しやすくし、2年生・3年生の臨地実習へとつなげます。
  • 「レクリエーション論」では、治療や介護を必要とする高齢者に対するレクリエーションの役割やリハビリにおける効果を学びます。

2年生で学ぶこと

基礎科目
  • 外国人患者に対応するための「コミュニケーション能力」(英語によるコミュニケーション)、患者の心理変化を理解するための「心理学」を学びます。
専門基礎分野
  • 薬物の作用や使用法に関する「薬理学」、歯科衛生士法および他の医療職種の仕組みを知る「衛生行政」、そして「社会福祉」「介護の基本」などを学びます。
専門分野
  • 「歯科衛生士概論」では、歯科衛生計画の立て方や、癒しとアロマを学び、臨床歯科医学の第2段階として、「高齢者・障害者歯科学」「口腔診断学」「歯科放射線学」を学びます。
  • 「歯科予防処置」「歯科保健指導」「歯科診療補助」は、第2段階として、多くの時間を演習・実習にあて、トレーニングを積みます。
  • 「臨地実習」では、病院・歯科診療所で学内で学んだことの理解を深めます。また、保育園、小中高等学校、養護学校等で、歯科保健活動実習を行います。
  • 「摂食嚥下論」では、口腔リハビリテーションについて演習を含めて学びます。

3年生で学ぶこと

基礎科目
  • 「コミュニケーション能力」では、第3段階として英語での会話表現、専門用語などを学び、第4段階として、手話によるコミュニケーションを学びます。
専門分野
  • 「歯科衛生士論」では、専門職としての職業観と卒後研修について学び、自己の目標を立てます。
  • 「歯科予防処置」「歯科保健指導」「歯科診療補助」は、第3段階として多くの時間を演習・実習にあて、さらに高度なトレーニングを積みます。
  • 「臨地実習」では、病院・歯科診療所での実技実習に加え、高齢者施設での介護及び口腔ケアを実習します。また、保健センターなどで地域の保健活動実習を行います。
  • 3年間通して履修する「総合研究」では、1年生のオリエンテーションに始まって、疑問や興味を感じたこと、知識を深めたいことなどを研究し、3年生で総仕上げを行います。
  • 「包括授業」では、それまで学んだ知識を整理し、再確認するとともに、国家試験対策に備えます。

学校説明会・入試日カレンダー

学校説明会 入試日 休館日

※日程のマウスオーバーでイベント名、
クリックで詳細がご確認いただけます。