キャンパス

キャンパスは都心のオアシス

TDHの自慢の一つが、その美しいキャンパス。
堂々たる構えの門と塀には、歴史ある屋敷の風格が漂い、樹齢100年を超える樹木や庭石を生かした500坪の庭園には、四季折々の豊かな自然が息づいています。
庭園内のカフェテリアは、学生たちのくつろぎと憩いの場として利用されています。

Takiホール

Takiホールは3年制歯科衛生士教育の実施を契機に当学園の学習環境を質量ともに高めることを目的に2007年3月に竣工、創立者稲毛多喜の名前を取り「Taki Hall」と名付けられました。このホールは多機能用途を前提に建設され、各種イベント、PCを使った総合学習、一般授業等既に幅広い教育分野で使用されています。

Cafe TDH

3年間の長いキャンパスライフに十分堪えうるよう、Takiホールの竣工に合わせ作られました。Cafe内は昼のランチタイムだけでなく、憩いの場、ミニ・ライブラリー、そして情報交換の場としても十分機能するデザインを取り入れ、デッキウインドウからは本館に到る緑のキャンパスが広がります。

第1回北区景観賞受賞

北区では「区民が愛着を持ち、訪れる人が魅力を感じる都市景観を創造し、育成し、保全し、豊かな都市文化と美しいふるさとをつくること」を目的として、「北区景観賞」を創設。その栄えある第1回北区景観賞に本校が選ばれました。 本校は日本庭園をもつ邸宅跡地に建設。齢100年を超える樹木や庭石の現状を損なわずに校舎が庭園景観と調和するように設計を依頼し、特に地下教室の建築にあたっては、日照問題を解決すると同時に直接庭園を眺められる工夫を凝らしてあります。その基本コンセプトと維持管理が評価されて受賞となったものです。

「選評」より
歴史を感じさせる和風の門・塀・庭園などを大切に保存し、かつ鉄筋コンクリートの建物の1階部分を空掘にして地下に設け、地上は3階に抑えてあり景観に対する建築主側の並々ならぬ配慮が感じられました。また、その空掘に庭園の植栽が緑の滝のように流れ込んでいるのも素晴らしいなど、環境と調和させ整備かつ保存していることは、景観的にほかの模範となり得るものと思います。

シックハウス対策

TDHでは、天井に天然木を使用しているほか、壁紙や糊、塗料、さらには校内に巡らされた電線にいたるまで、有害物質を出さない天然素材を用いるなど、万全のシックハウス対策をを施しています。
また、最新の空調設備を導入することで、廊下を含めた全館にわたり温湿度をコントロールし、空気の汚れも完全にシャットアウト。春夏秋冬、いつも快適な環境で過ごすことができます。