歯科衛生士とは

Dental Hygienistとして生きる

歯科医療は歯科の専門職である歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士のチーム医療で展開されています。現在、歯科医療は「治療」から「予防」へと変化していく中で歯科予防の専門家である歯科衛生士の力が発揮されています。

Dental Hygienistとは?

Dental Hygienist(歯科衛生士)の役割は大きく分けて3つあります。

歯科衛生士は国家資格であり、歯科医療のスペシャリストです。
Dental Hygienist(歯科衛生士)の業務は「歯科衛生士法」に定められています。

歯科予防処置

歯に付着した歯垢や歯石を器具を使って除去したり、予防薬を歯に塗布してむし歯や歯周病の発生や進行を防ぎます。

> 詳しくはこちら

歯科保健指導

健康な歯や口でいられるように、専門的立場から患者さん一人ひとりに合わせたアドバイスをおこないます。歯磨き指導をはじめ、食生活、生活習慣などの指導をします。

> 詳しくはこちら

歯科診療補助

歯科医師に協力して、診療行為をサポートしたり、患者さんと歯科医師との間に立ってコミュニケーションを図り診療効果を高めるなど、幅広い仕事が含まれます。

> 詳しくはこちら

一生自分の歯でおいしく食事ができることは、誰もが望むことです。高齢化に伴い、さらにいつまでも「健康」で「元気」にと願うのではないでしょうか。「全身の健康は口腔の健康から」と言われるぐらい密接な関係があります。そして口腔の健康を保つには、継続した歯科衛生士によるメインテナンスが欠かせません。

歯科衛生士の活躍の場

歯科医院、歯科大学附属病院・病院内歯科、保健所・保健福祉センター、高齢者施設、障害者施設、歯科関連企業、官公庁・企業内の健康管理室、歯科衛生士養成校など。

100%という就職率を誇るのが、Dental Hygienist(歯科衛生士)。予防医療や高齢者医療など、歯科医療のニーズは今後高まるばかり。社会に貢献できるやりがいのある職業としてDental Hygienistの道を歩んでみませんか。

学校説明会・入試日カレンダー

学校説明会 入試日 休館日

※日程のマウスオーバーでイベント名、
クリックで詳細がご確認いただけます。