学生たちの声

充実した毎日をエンジョイ

資格を持つ事で生涯を通して学び続ける

駒井 静(1年) 富士北陵高等学校出身

私は高校時代に自分が心からなりたい職業とは何なのだろうと進路決定に悩んでいる時期がありました。人や社会に貢献できるやりがいのある事を探していた時に知ったのが歯科衛生士という職業です。

単に治療を行うのではなく患者さん一人一人ときちんと向きあいながら信頼関係を築いていく姿勢に私は強く心を打たれました。そして患者さんの生活を健康で明るいものへと変えていけるという事にやりがいを持って働けると感じ、歯科衛生士の道へ進もうと決めました。資格を持つ事で生涯を通して学び働ける事にも魅力を感じています。

入学してからの学校生活で一番不安に感じていた事は専門的な授業についていけるのかどうかでした。しかし解剖学や生物学などの授業は、自分自身と直接関係するものが多い為興味が湧きやすく学びやすいと感じています。今は座学が中心ですがこれから実習が増えていくと聞き更に意欲が出ました。もしかしたら苦手科目が出来るかもしれません、しかしそれにもきちんと取り組んでいけるように努力していきたいです。

地元を離れて暮らしている私にとって、この学校で出来た友人達はとても大切な存在です。学校で過ごす時間がとても楽しく自然と笑顔になれます。それが学習や日々の生活の意欲へと繋がっていると毎日実感しています。友人以外にもサポートしてくださっている先生方や家族など本当に多くの人に支えられていると思います。

私が理想とする歯科衛生士像は、技術を持ち合わせているのはもちろんですが、患者さんに心から信頼される事です。その為にはまず自ら心を開いて患者さんに心を開いて頂く事が重要であると考えます。

私は人とコミュニケーションをとる事を大切にしたいと考えています。患者さんの年代や性別は様々ですがどの患者さんにも安心感や信頼感を与えられる歯科衛生士を目指して努力していきたいです。

女性ばかりでためらう人がいるとしたら、
それは気にしなくても大丈夫

秋山 詠(3年) 茨城県立古川第一高校出身

歯科衛生士を目指したきっかけのひとつは、母の知り合いの歯科医師の方から、「いまは女性の仕事のように思われているけれど、絶対数も不足しているし、これからは変わってくるよ」とアドバイスされたことです。よし、それなら自分が男性の歯科衛生士の最先端をいってやろう!かな、と(笑)。就職氷河期とも言われるこの時代に、就職に困らないという点にも魅力を感じました。

とはいえ、いざ願書を出してみると、男子学生は自分だけとわかり、そのときはさすがにちょっと不安になりましたが、通い始めてみたら、まわりのみんなも普通に接してくれますし、すぐに雰囲気に溶け込めました。かえって、先生をはじめまわりの人に、いろいろな点で気を遣っていただいているように思います。逆に、女性ばかりでモテるだろう?なんてことも言われますが、それもフツーです(笑)。もしも女性ばかりの環境ということで躊躇している人(男性)がいるとしたら、それは気にしなくても大丈夫だと言いたいですね。

むしろ自分の場合は、もともと文系のほうが得意だったこともあって、最初は授業のほうが大変でした。1年次には生物学や薬理学、解剖学など、いわゆる理系の授業が中心になりますから。2年生になると、実際に学生同士が歯石の除去などを行う相互実習が始まりますが、これもはじめは力の入れ加減などがわからなくて、傷をつけたらどうしようと緊張しました。経験を積んでスキルを磨いていくしかないわけですが、その点、3年間の教育なので、演習や実習の時間が十分とられていて自信をつけることができます。また、わからないことがあれば、先生方がなんでも丁寧に教えてくださいます。

歯科保健指導実習で近くの小学校に行ったときは、子どもたちがたくさん質問をしてくれて楽しかったですね。歯科衛生士という職業にやりがいを感じることができましたし、同時に責任も自覚する体験にもなりました。学生生活を充実したものにできるかどうか、要は自分のやる気次第なんだと思います。

勉強は大変だけど、新鮮で楽しい
むずかしいこともクラス一緒に乗り切れる

土井 真美(1年) 東京都立小山台高校出身

小学校5年生から約10年、矯正治療をしていたことが、歯科に興味を持ったきっかけです。4年制の大学受験を視野に入れてがんばっていたんですが、高校3年で進路を決めるときに、気持ちは歯科衛生士のほうに動きました。

本校は見学もせず、ホームページを見て自分に合っていると思って選びました。勉強は専門的だし、1日1日がとても濃くて、新しい知識がどんどん入ってくるので、大変ではありますが、新鮮です。たとえば3人1組で行う相互実習では、歯科衛生士役・患者役・アシスタント役をそれぞれやって、次は違う人と組を作りますから、全員と触れ合えます。たわいない会話ができる友だちもたくさんいるので、むずかしいことがあっても、みんなで乗り切れると感じています。

コミュニケーション能力を伸ばすカリキュラムもすごく多くて、もともと人との交流と会話は好きなので、あとは表現力を学びたいと思います。

本校に入ってから、学校以外の友だちや知り合い、家族に、歯の知識を広めたいという思いが強くなってきました。説得力ある言葉で話せたときは、知識が身に付いていると思えます。話すことが改めて勉強になるんですね。

まだ卒業後の具体的な姿は見えませんが、予防歯科のスペシャリストになりたいんです。小児から大人まで、親しみを持てる歯科衛生士になって、むし歯にならないように歯を大事にしようという予防に対する知識を広めていきたい。そのためには、日々こつこつやるのが大事ですね。テストの結果の悪い学科は私のウィークポイントを示しているわけで、もっと勉強しなければと奮い立たせられました。

3日間、歯科医院での見学実習があったのですが、本校の3年生が診療助手などてきぱきやっていらして、私もああなりたいと思ったんです。2年後の自分のために、今をがんばります。