カリキュラム

歯科衛生の専門家の育成のカリキュラム

TDH独自のカリキュラムは、患者の価値観、人生観にも関わりながら、口腔の健康を考えます。すなわち、単に歯や口腔のみと関わるのではなく、患者を一人の人間として捉えることのできる歯科衛生の専門家=Dental Hygienistの育成をめざしています。

> カリキュラム詳細はこちら

1年生で学ぶこと

歯科衛生士の基本的素養を身につける

「基礎分野」では、導入教育を受けるほか、科学的思考の基礎、患者・ 地域住民・他の医療職とのコミュニケーションとチームワークを図るための知識や技術を修得。
「専門分野」では歯科衛生士としての基礎的知識を学びます。また「専門分野」では、歯科衛生士概論をはじめ、チーム医療に必要な知識も身につけます。

2年生で学ぶこと

歯科衛生士の専門知識を身につける

「専門分野」では、歯科治療の全体の理解や、歯科予防処置業務を充実させるための知識・技術を深めます。また、患者や地域住民の健康維持・増進、障がい者・要介護者の歯科保健を支援するための知識・技術なども身につけます。さらに臨地実習が始まり、実践的な技術を修得する機会も増えてきます。

3年生で学ぶこと

歯科衛生士の実践的知識・技術を身につける

歯科医療の現場と連携しながら、実践的な技術を身につけるための演習・実習を中心としたカリキュラムです。臨地実習では、「歯科予防処置」「歯科診療補助」「歯科保健指導」という大きく3つに分けられる歯科衛生士の業務に対する理解を深め、姿勢を学び、技術を磨きます。また、選択必修として手話や保健請求事務などの科目も開講されています。