学生たちの声

学生たちの声

充実した毎日を
エンジョイ

丁寧に、真剣に接してくれる先生がいるので、
不安がなくなりました。

浅香 めい(2年) 東京都立足立高等学校出身

学校選びのときに決め手になったのは、先生方が暖かく接してくれたところと学びのサポートが充実していたところです。
実際に通ってみると講義が難しかったり実習授業もなかなかできなかったりと大変なこともありましたが、先生方が丁寧に教えてくれるので不安はなくなりました。
学生も先生方も、授業中は驚くほど真剣ですが休み時間はガラッと雰囲気が変わってにぎやかになります!
将来は自分に関わる全ての人の不安や悩みに寄り添い、安心と健康をサポートできる歯科衛生士になりたいです。

集中して学べる環境があるから、
幅広い知識を身につけることができています。

大野 百華(2年) 埼玉県立久喜高等学校出身

想像していたよりも勉強は大変でしたが、先生方が丁寧に教えてくださり、頑張ることが出来ています。また、歯科だけでなく幅広い分野を学ぶため、日常生活の中でもためになる知識をつけることが出来ました。
体験入学のときに校内に緑が多いので落ち着いた環境で勉強出来ると思ったのですが、それも正解でした。
歯医者は痛くて怖いというイメージを持っている人が多いと思います。
そこで、歯科予防処置に力を入れ痛くて怖いというイメージを持たせないことの出来る歯科衛生士になりたいです。

患者様の気持ちに寄り添い、不安をなくしてあげたい。

坂本 真優(3年) 埼玉県立南稜高等学校出身

TOHで歯科衛生士になろうと思った一番の理由は、寺子屋があったことです。自分にあった勉強の仕方がわからなかったり、その場で聞けなかったことをわかりやすく教えていただいたり・・・。先生との距離も近い感じがして、「なんでも聞いてね」と言っていただいた時はすごく心強かったのを覚えています。
幼い頃に通った歯科医院にいた歯科衛生士の方がとても優しくて、不安な気持ちに寄り添ってくれたのが今でも心に残っています。私もそんな風に思ってもらえるような歯科衛生士になりたいと思います。

なんでも話せる先生がいます。
どんな時も助け合う仲間がいます。

阿部 結愛花(3年) 埼玉県立所沢中央高等学校

設備が新しくてきれい。緑が豊かでほっとする。寺子屋がある。TDHに決めた理由はたくさんありますが、決め手となったのは体験入学のときの先生たちのやさしさです。入学してもそれは変わらず、授業の時はきびしくても質問や相談には親身になって答えてくれます。それがあるからオンラインでの授業やテストの前でも不安にならずに済んでると思います。
卒業したら患者様一人ひとりとしっかりコミュニケーションをとり、失を見据えた治療や指導のできる歯科衛生士になりたいです。先生たちから感じる“安心感”が目標です。

患者様や歯科医師、他業種の人からも信頼される
歯科衛生士を目指しています。

古川 みなみ(2022年卒) 東京都立高島高等学校

設備が充実しているという点はもちろんですが、自然が豊かなキャンパスや求人数の多さも魅力的な学校だと思います。
2年間通って思ったことは、予習・復習がとても大事だと言うことです。実習授業では学生2~3人につき1人の先生がていねいに教えてくれ、わからないことがあっても質問しやすい雰囲気なのでとても楽しいですね。
将来は小さなお子様からご高齢者まで、安心して任せてもらえるようになりたいです。それには高い技術と知識が必要ですが、ここででしっかり学べば、みんなに信頼される歯科衛生士になれると思います。